「AUS」タグアーカイブ

Left of the Middle/Natalie Imbruglia

ナタリー・インブルーリアの1998年の1stアルバム。
オーストラリアで女優をしていて、UKに渡って音楽でもヒットした二芸に秀でた人。UKにわざわざ行ってしまう辺り、きっと世界を相手にするくらいの意気込みがあったのだろう。
ポップミュージックに関しては、世界の中心はUSAではなくてUKのような気がしている。ごく個人的な思いだけど。
USA発も世界的にヒットしてるじゃない?って思うかもしれないけど、あれは単にレベルが高いから勝手に世界的に売れてしまうだけであって、アメリカ人は割と内向きにしか音楽を作ってないように思うんだよね。
その点、UKはそもそも「世界しか相手にしてない」ような良い意味での不遜さが根底にあるんじゃないかと・・・。なので音楽やるならオーストラリアからUKへ、というこの人の行動にはすごく納得してしまう。
ジャケットを見て「すげー美人!」と喜んだんだけど、これは1998年の写真なので注意。Google Play Musicのアーティスト写真は「Now」な写真ばかりをドアップで掲載しているので、すごくNowなポートレイトだった。もう少し手心加えろよ、みたいな。
それにしても若い頃はやっぱりキレイだし、声も良いし。UKっぽく憂いを含んだ曲もあってなかなか聴き応えあり。

曲目
1. TORN
2. ONE MORE ADDICTION
3. BIG MISTAKE
4. LEAVE ME ALONE
5. WISHING I WAS THERE
6. SMOKE
7. PIGEOND AND CRUMBS
8. DON’T YOU THINK?
9. IMPRESSED
10. INTUITION
11. CITY
12. LEFT OF THE MIDDLE

CDはUK発だけど、タグはAUS扱いにしておこうか。

Believe/Orianthi

歌って弾ける美女、オリアンティの2009年の2ndアルバム。
この人はもちろんギターが上手いんだけど、歌もいいと思う。
ストレートなロックで歌とギターの魅力をビシバシとぶつけてくる楽しいアルバムだ
YouTubeにもオリアンティの動画はたくさんあって、とにかくカッコいい。

Orianthi – According To You

こっちの動画ではスティーブ・ヴァイと共演。ヴァイ顔長すぎ。

Orianthi – Highly Strung ft. Steve Vai

曲目
1. According to you
2. Suffocated
3. Bad news
4. Believe
5. Feels like home
6. Think like a man
7. What’s it gonna be
8. Untogether
9. Drive away
10. Highly strung
11. God only knows

この人は一度ライブ見たいなあ。

Let Me Introduce You/Joe Robinson

ジョー・ロビンソンはオーストラリア出身のギタリスト。
最初のソロ・アルバムを制作したのは15歳という「早熟な天才」の一人。
自分はYouTubeで知ったが、この人はライブでもCDと同じようにギターを弾きながら歌う。そのギターが歌いながらでも上手い。
これがギターソロになったときの無敵感と言ったら、もうギター界のターミネーターと呼んでもいいかも。
でもアルバム全体はそれほどテクニック重視ではなく、ソフトなボーカルも適度に配してすごく耳障りのよいポップ系フュージョンといった趣きなので、寛ぐときに聴く1枚としてオススメできる。

曲目
1. Lethal Injection
2. Skyline
3. Hurricane
4. Out Alive
5. Adelaide
6. Into The Blue
7. One Heart At A Time
8. Emily
9. The Gremlin
10. Barely Hangin On
11. Keep It Together
12. Uli’s Jump
13. Questions

彼のギター演奏は動画でも見応えがあるのでYouTubeのリンクを貼っておこう。自分は特に3つ目の「Borsalino」が好き。

Joe Robinson – Out Alive

Joe Robinson – Lethal Injection

Joe Robinson – Borsalino