「残念」タグアーカイブ

Android & Human Being/Salyu

2015年リリースの5thアルバム。
この記事を書いている時点での最新アルバム。
何しろ自分的には国宝扱いのSalyuなので、期待しまくり状態で聴くことになったんだけど、結果から言うと残念感が拭えなかった。
「Android & Human Being」というタイトルなわけだから、コンセプトありきのアルバムだろうと思ったんだけど、アンドロイド的な部分というのがオートチューンなら、あまりに捻りが無さ過ぎ。
それから、3か所に置かれたインターリュード(1曲目はプレリュードか)ともいうべき「先回りして」という曲。これが意味不明。なにか道標のような役割があるのかと期待したけどやっぱり意味不明。
全体を通して世界観のようなものが感じられたかというとそれも無し。まあ荒廃してるんだろうな、とか無人の街なんだろうな、とかイメージは伝わってくるけど・・・。
「THE RAIN」や「アイニユケル」など、気に入った曲もあるので買う価値がないわけではないが、せっかくの才能を活用するなら小手先のコンセプトより楽曲優先・歌優先にして欲しかった。

曲目
1. 先回りして
2. 非常階段の下
3. リスク
4. 心の種
5. 有刺鉄線
6. 先回りして 2
7. フェスタリア
8. カナタ
9. THE RAIN
10. 希望という名の灯り
11. 先回りして 3
12. アイニユケル

思えば、自分が感動した3rdアルバム「MAIDEN VOYAGE」は一応Salyuのセルフ・プロデュースだったわけね。で、4th・5thは小林武史のプロデュースってことで。自分はやはりSalyu個人の感性が好きなのだろう。
次回作に期待。

関連記事
Maiden Voyage/Salyu(国宝級)

Vo Vo Tau 01hz/Vo Vo Tau

ボボタウは2003年にデビューして2006年に解散したR&B/Hip Hop系のバンド。
1stアルバムの「Vo Vo Tau 01hz」は良かったんだけど、2nd、3rdとどんどんつまらなくなっていった不幸なバンドだった。
しかし初めてネットのストリーミングで「Make It」を聴いたときはすごく魅力的だった。R&Bのボーカルとアコースティックサウンドの組み合わせがとても爽やかだったし、歌詞も深みを感じられた。
そしてすぐこのCDを買ったけど、悪い予感はそのときにあった。
途中にラップの曲が入っているんだけど、そのラップのレベルがまるで学芸会みたいで、他の曲のRingのボーカルと全く釣り合ってなかった。
全体に作詞・作曲のレベルも高くて演奏も上手いのだけど、やっぱりボボタウの魅力はRingのボーカルにあったので、あれこれと手出しせずにアコースティックなR&B路線で通して欲しかったかなあ。
とにかく、この1stだけ聴く分には良い曲も多くて可能性をすごく感じられたのだけどね。

曲目
1. Red Eye
2. Why me?
3. Beautiful Days
4. skit
5. 裸~Nude~
6. Blue Ball(feat.cappa sight)
7. Make It
8. love junky
9. 情熱
10. skit~DAMN!~
11. Get up!(feat.Al Brown)
12. Salvage
13. HOT TRIANGLE

個々には才能のある人達だと思うので、活躍を祈ることにしよう。