「女性ボーカル」タグアーカイブ

My Life, My Songs/amin

上海出身のaminが日本語混じりで歌う、アンプラグドな一枚。
冒頭の曲「我是一只小小鳥」(私は小さな小さな一羽の鳥)の歌詞を知ると、彼の国にはこんなにも自由を切望する歌があるのかと思わず涙してしまうのである。
以前はネットで検索すればサクッと和訳が出てきたんだけどね。
aminの優しい声もとても好き。

1. 我是一只小小鳥
2. Just Start From Now
3. 春よ、来い
4. 巡る季節の中で
5. 我家在那里~桃花源
6. 君につづく空
7. 時の翼
8. 卒業写真
9. 橄欖樹
10. Passenger
11. ありがとう
12. 風のゆく道

aminの歌は、ずいぶん前にサントリーのウーロン茶のCMでも聴けたね。あと「RYDEEN 雷電」も押さえておくといいかも。そう、YMOのカバー。 

LEO/家入レオ

2010年代のJ-POP最大の収穫は、家入レオの登場だろうと思う。
当時17歳の少女がぶつけて来たのは、大人に成り過ぎた自分にもキチンと伝わる真っ直ぐな言葉と音楽だった。
家入レオはとても真面目に言葉を練る。真剣に想いを伝えようとする。
それはアルバム3枚を経た現在でも変わらない。

曲目
1. サブリナ(Debut Single/CX系アニメ「トリコ」オープニング主題歌)
2. Last Stage
3. Say Goodbye
4. Shine(2nd Single/CXドラマ「カエルの王女さま」主題歌)
5. 明日また晴れますように
6. Second Dream
7. キミだけ
8. Bless You(3rdSingle/TBS「CDTV」9月度オープニングテーマ)
9. Fake Love
10. Hello
11. ミスター
12. Lady Mary
13. Linda

関連記事
20 〜4TH LIVE TOUR〜/家入レオ
a boy/家入レオ
Hello To The World (初回限定盤B) のBonus Disk/家入レオ

Bittersweet/土岐麻子

2015年7月発売の土岐麻子の最新アルバム「Bittersweet」。
この人の声にはひたすら癒される。
しかし、なぜか自分の周囲には土岐麻子を知っている人がいない。
「土岐麻子って知ってる?」「知らない」
ああ、もったいないお化けが出るぞ。

曲目
1. セ・ラ・ヴィ ~女は愛に忙しい~
2. BOYフロム世田谷
3. さよなら90s Girl
4. SU SA MIN
5. ラブソング
6. Beautiful Day
7. 夏の横顔
8. Kung Fu Girl
9. 愛のでたらめ
10. Don’t let it go
11. きみだった
12. 地下鉄のシンデレラ

実はまだ買ってない。通常版にするか、DVD付きにするか、それともデジタルで買うか、超悩み中。デジタルかな、やっぱり。
土岐麻子をこれから、って人には名盤「乱反射ガール」もオススメ。

[追記]
その後、Amazon.co.jpにてデジタルダウンロードでアルバムを購入した。2,200円でお買い得だった。
土岐麻子さん、最高です。

関連記事
乱反射ガール/土岐麻子

JENI SUK

YouTubeはネタの宝庫。
今日も夜な夜な動画の海で一本釣り。

US在住の韓国系らしきJENI SUKなるアーティストは、まだ日本ではあんまり認知されていない模様。しかしUSでもどの程度の認知度なのかはよくわからない。
自分が初めて見た動画はこれ。

シンセ弾き語りかと思ったら、ルーパーを使ってその場で重ね録りしていってバックトラックを構築してからボーカルを乗せるスタイル。
曲も良いのだけど、何よりマイクスタンドに引っ掛けているTC-HELICON製のVoiceLive Touchに目を奪われてしまった。

基本的なエフェクトの他に、オートチューン、ハーモニー、ルーパーなど面白そうな機能てんこ盛りのボーカル用エフェクターらしい。
欲しいな、これ。
JENI SUKの他の動画でもこれが使われている。この人はCOVERが多いけどオリジナルもあるので紹介。

あと、シンプルなギターの弾き語りもカッコよい。

フルアルバムを早く出して欲しい。

Maiden Voyage/Salyu(国宝級)

2010年発表のSalyuのアルバム「MAIDEN VOYAGE」を聴いてちょっと感動中。
この人の声はとても心地よく耳に響くのだが、柔らかさ一辺倒ではなくて耳に突き刺さってきたり低く歪みっぽく憂いを帯びたりと様々に表情を変える。
一般受けするような感じではなく、音楽関係者からリスペクトされるようなアーティストかなあ、という印象を受ける。一度こういう音楽にハマるとヒットチャートとか流行とかどうでも良くなっちゃうんだよね。知る人ぞ知る喜び。
「2015年になってこれを引っ張り出してきて何をのたまうか」と言われたらまあ言葉もないのだけど。

曲目
1. messenger
2. イナヅマ
3. EXTENSION
4. コルテオ ~行列~ (「ダイハツ コルテオ」日本公演イメージソング)
5. 新しいYES (TOYOTAハイブリッド・セダン「SAI」CMソング)
6. L.A.F.S.
7. emergency sign
8. iris ~しあわせの箱~ (ニンテンドーDSソフト「レイトン教授と悪魔の箱」テーマ曲)
9. HALFWAY (映画「ハルフウェイ」主題歌)
10. SWEET PAIN
11. cruise
12. BIRTHDAY
13. LIBERTY
14. VOYAGE CALL

このアルバムを気に入る人なら、きっと川村結花の「farewells」や土岐麻子の「乱反射ガール」も気に入ると思う。

関連記事
Android & Human Being/Salyu
farewells/川村結花
Bittersweet/土岐麻子