「インスト」タグアーカイブ

Yvette Young

イベット・ヤングという人はアメリカの女性ギタリストらしい。
自分が知ったのは音楽ブログ「地下室タイムズ」の次の記事で。
バカテクタッピング”森ガール”シンガーソングライター Yvette Young

その記事で紹介された動画のまるパクリみたいになってしまうけど、やっぱりイベット・ヤングさんを紹介したいのでご免なさい。

Yvette Young – ‘Of Age’ // Tuff Session

Yvette Young – a map a string a light [original]

これらの動画は2013年に公開されているのだけど、この時点では歌+変態ギターの弾き語りだった。しかしその後、2015年にはギターの腕だけでプロになってしまったらしい。7弦か8弦のギターを使っているみたい。

Yvette Young performs Hydra on CreativeLive

Yvette Young plays “Sea Dragon” live on EMGtv

こういうジャンルの音楽を好きではない人も多いかも知れない。この人のギターの特徴は何といってもビート感やメロディー感が欠落した感じで、延々とアルペジオのようなフレーズを聴かされるところなので。
しかし動画を見ながら指の動きを追っていると、よくまあこんなにアイディアが出てくるもんだな、と思わず感心してしまう。
個人的には2013年の弾き語りスタイルの方が面白かったかな。ぜひ歌も頑張って欲しい。

CDが発売されたとかの話もあるけど、日本のAmazonとかGoogle Play Musicではまだ検索しても出てこないのでしばらくはYouTubeが頼りの模様。

シルクロード/喜多郎

いやあ、懐かしい。CDは持っていないのだけど、もしやと思ってApple Musicで検索したら出てきたよ。
これは自分が高校生の時かな。自分の父親がレコードをカセットに録音してクルマでいつも流していた。もう耳タコ。
「シンセサイザーをアジア風に使う」というのはYMOもやっていたけど、ここまで宗教的なアジアンミュージックにしてしまった喜多郎のイマジネーションは素晴らしい。
作曲するのに五線譜でなく曼荼羅を描くとかいう噂もあったような。

曲目
1. 絲綢之路
2. 鐘楼
3. 天地創造神
4. 遥かなる大河
5. 長城
6. 飛天
7. シルクロード幻想
8. 光と影
9. 西に向って
10. 時の流れ
11. 菩薩
12. 永遠の路

喜多郎の他に、冨田勲もNHKの番組のテーマ曲を多く手掛けていて面白かったりする。「新日本紀行」とか「今日の料理」とか。

BLADE RUNNER/VANGELIS

1982年の映画「ブレードランナー」のオリジナルサウンドトラック。
映画自体も好きだけど、ヴァンゲリスによるサウンドトラックは超好き。あの映像にこの音楽という組み合わせは最高。

ヴァンゲリスはシンセサイザーを多用して多重録音で音楽を作るギリシャの人で、その手の音楽を聴く人なら名を知らぬ人はないくらいに有名。
自分はこのアルバムと「大地の祭礼」くらいしか手元にないけれど、この2枚は何度も聴き返すくらいに好きである。
ファンだから全部揃える、みたいな聴き方ではなく、ツボにハマッたのが1、2枚あれば自分的には満足してしまうので、自称ファンながらも少ししかCDを持っていないアーティストが多かったりする。

このアルバムの場合は音楽も良いけど映画も良いので、サントラを聴くだけで思わず映画のシーンが脳裏に蘇る。まあ観る人を選ぶ映画ではあるけれど、SF映画としては「2001年宇宙の旅」や「惑星ソラリス」よりは絶対オススメ。例が古すぎるか・・・・。

曲目
1. メイン・タイトル
2. ブラッシュ・レスポンス
3. ウェイト・フォー・ミー
4. レイチェルズ・ソング
5. 愛のテーマ
6. ワン・モア・キッス
7. ブレードランナー・ブルース
8. メモリーズ・オブ・グリーン
9. テイルズ・オブ・ザ・フューチャー
10. ダマスク・ローズ
11. ブレードランナー (エンド・タイトル)
12. ティアーズ・イン・レイン

「ブレードランナー」のサントラ盤は、ヴァンゲリス自身の作になるこのオリジナルサウンドトラックの他に、オーケストラアレンジの「Blade Runner: Orchestral Adaptation Of Music Composed For The Motion Picture By Vangelis」と題されたものがある。これは劇中で使われたのとは別録音だけれど、途中でリチャード・ティーのエレピソロが聴けるトラックがあるし、全体の出来も良いのでオススメではある。
ただヴァンゲリスの音を求める人がこっちを間違って買うと「ハズレ」になる。まあコレクターズアイテムだろう。
どっちにしろ、まず映画を観ないと始まらないのだけど。

ART OF MOTION/Andy McKee

これもまたYouTubeネタ。
アンディ・マッキーはアメリカのギタリスト。
YouTubeの動画が人気を博したので、観た人は多いかも。
Amazonのレビューで知ったけどDoCoMoのCMにも出演したらしい。

Andy McKee – Guitar – Drifting – www.candyrat.com

こういうソロギターのスタイルは今は結構メジャーになり、日本では押尾コータローが有名だけど、山崎まさよしもかなりの腕前で弾くらしい。
自分はタック&パティのタック・アンドレスが結構好き。

アンディ・マッキーの曲はリズムやメロディが非常にわかりやすいのが特徴。
テクニックのためのテクニックにならず、あくまで音楽のためのテクニックであることが受けたのだと思う。
次の曲は非常に人気がある。ネットのあちこちで、「弾いてみた」動画がアップロードされたり、楽譜を探している人がいたりする。

Andy McKee – Rylynn – Acoustic Guitar – www.candyrat.com

聴いているだけで心が洗われてしまいそう。こんな風にギターが弾けたらいいね~。
演奏のスタイルは全然違うけど、メロディーにどことなくパット・メセニー的な雰囲気があるような気がする。その辺がアメリカ音楽のエッセンスなのかも知れない。
自分はCDではなく、www.candyrat.comからのmp3ダウンロードで購入した。数年前になるけど。値段も忘れちゃった。

Between the Sheets/Fourplay

Fourplayは90年代から活躍しているフュージョン・グループ。
ピアノのボブ・ジェームス、ギターのリー・リトナー、ベースのネイザン・イースト、ドラムスのハービー・メイソンの4人が結成したグループだが、4人とも91年の結成時点で既にフュージョン界ではトップ・プレイヤーだったので、フュージョン界のドリーム・チームと言い切って良いんだろうな。
本作は2ndアルバムで、タイトル曲の1曲のみボーカルでチャカ・カーンが参加している。

彼らのアルバムの聴き心地ときたらもうベルベットの耳かきで鼓膜をナデナデされるかのように気持ちいい。
寝る前にこれを聴くと心安らかになれるのは請け合い。
ドライブデートでお目当ての彼女を口説くのにも良い。ただ、普段からパンク・バンドとかAKBしか聴かないとバレている場合には下心を見透かされて逆効果になる可能性もある。
要は普段からジェントルマンであれ、ということ。
どうやったらジェントルマンになれるか?それはもうFourplayを聴きまくれば良い。これを聴いてジェントルになれなければ、終わってるよね。

曲目
1. Chant
2. Monterey
3. Between The Sheets Fourplay (Featuring Chaka Khan And Nathan East)
4. Li’l Darlin’
5. Flying East
6. Once In The A.M.
7. Gulliver
8. Amoroso
9. A Summer Child
10. Anthem
11. Song For Somalia

とりあえずオススメとしては初期のリー・リトナーがメンバーだった頃の作品を。
4枚目以降はギタリストがラリー・カールトンになっているので、そちらが好きならそれ以降を。
さらに2010年からはギタリストがチャック・ローブに交代したとのことだが、自分もそこまで新しいのはまだ聴いていない。

関連記事
inside/David Sanborn

ラプソディ・イン・ザ・トワイライト/日向敏文

3年に一回くらい、ムチャクチャにこの人の音楽を聴きたくなる。出会ってから30年も経つのに、全く古びない音楽。
たぶん、日向敏文という音楽家の求める音楽は「新しい音楽」ではなくて「普遍的な音楽」なのだろうと思う。
このアルバムの中の「天国の雨」という歌が特に好き。こんな雨なら、毎日降っていてもいいかも知れない。

曲目
1. マラケッシュ・サンダウン
2. メイ・リン
3. プレリュード
4. ジュヴィア・エン・エル・パライソ~天国の雨
5. インターメッツィオ
6. サウザン・クロス~南十字星
7. ミスティー・ウォーク
8. イン・ユア・スウィート・ウェイ
9. マッケット・シアター
10. フールド・バイ・エイプリル~4月に馬鹿にされて
11. ロング・アゴー
12. カフェ1384
13. スターリィ・ナイト~星明かりの夜

歌モノは「天国の雨」だけ。映画音楽のような「音楽で描く風景」と言えば伝わるだろうか。
他にオススメなのは、イタリアの教会で録音した独特のリバーブ感が素晴らしいピアノアルバム「ISIS」。この人はドラマのサウンドトラックなども手がけていて、その方面の代表作は「東京ラブ・ストーリー」。