Nothing But the Beat/David Guetta

フランスのDJ、デヴィッド・ゲッタの5thアルバム。2011年発売。
ミスタードーナツでコーヒーを飲みながらドーナツを食ってたら、ゴキゲンなハウスナンバーが流れてきたので誰の何という曲かをスマホに聴かせて教えてもらった。
こういう時はスマホのアプリが非常に便利である。
そのとき流れてきた曲はこれ。

David Guetta – Titanium ft. Sia (Official Video)

ボーカルはSiaだし。これは掘り出し物と思って即座にGoogle Play Musicで検索してライブラリに追加。
家に帰ってきてからはPCでヘビーローテーション中。

曲目
1.Where Them Girls At (featuring Flo Rida and Nicki Minaj)
2.Little Bad Girl (featuring Taio Cruz and Ludacris)
3.Turn Me On (featuring Nicki Minaj)
4.Sweat (vs. Snoop Dogg)
5.Without You (featuring Usher)
6.Nothing Really Matters (featuring will.i.am)
7.I Can Only Imagine (featuring Chris Brown and Lil Wayne)
8.Crank It Up (featuring Akon)
9.I Just Wanna F (with Afrojack featuring Timbaland and Dev)
10.Night of Your Life (featuring Jennifer Hudson)
11.Repeat (featuring Jessie J)
12.Titanium (featuring Sia)

曲目を見てもらうとわかるように、ヒップホップやR&Bのアーティストとのコラボレーションがこのアルバムのテーマになっている模様。
自分はヒップホップは敬遠する方だけど、こういう形でなら聴き易くてよいかな。曲によってはほとんどハウスビートでなくヒップホップになっていたりする。
あと、例によって豪華版がいくつか出ているようだけど、自分が聴いているアルバムではTitaniumの日本語バージョンが収録されていた。歌っていたのはシェネル。急に日本語になってびっくりしたけど、非常に良かった。今まで全然聴いてないんだけどシェネルが少し気になってきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です