最高の仕打ち/片平里菜

片平里菜の2ndフルアルバム。2016年発売。
1stの「Amazing Sky」も良かったけど、このアルバムではさらに幅が広がった感じ。この人は声が良いとは言い難いけど、魅力的なんだよね。曲も歌も良いし。
個人的に一番気に入ったのは「BAD GIRL」。豹変した~、って感じで意表を突かれた(笑)。

曲目
1.この空を上手に飛ぶには
2.誰もが
3.Party
4.誰にだってシンデレラストーリー
5.Love takes time
6.あの頃、わたしたちは
7.舟漕ぐ人
8.スターター
9.大人になれなくて
10.この涙を知らない
11.BAD GIRL
12.煙たい
13.最高の仕打ち
14.そんなふうに愛することができる?

次のアルバムが今から楽しみだ。

片平里菜「この涙を知らない」Music Video

JoyLand/Keywest

アイルランドのロックバンド、キーウェストの2ndアルバム。2015年発売。
日本のAmazonで検索したらCDが出てこないし、日本のWikipediaでも情報がないのだけど、アルバムを聴くとメチャクチャにかっこいいポップロックなので通勤バスで猛烈リピート中。
Google Play Musicのリコメンドは侮りがたい。毎月の料金を払ってるだけの見返りは絶対あるな、自分の場合。

1.All My Mistakes
2.Carousel
3.Apple Tree Hill (feat. Michele MC Grath)
4.iGeneration
5.Always Been You
6.Cold Comfort
7.This Is Heartbreak
8.Anywhere but Here
9.Reaper at the Door
10.Joyland
11.Jigsaw Heart
12.Gypsy Rose
13.Soldier On

最近は聴いている音楽のアイルランド比率が高い。老後の移住先はシンガポールかハワイと考えていたけど、アイルランドも候補に挙げておくか。

Keywest – All My Mistakes

Keywest – Carousel

Nothing But the Beat/David Guetta

フランスのDJ、デヴィッド・ゲッタの5thアルバム。2011年発売。
ミスタードーナツでコーヒーを飲みながらドーナツを食ってたら、ゴキゲンなハウスナンバーが流れてきたので誰の何という曲かをスマホに聴かせて教えてもらった。
こういう時はスマホのアプリが非常に便利である。
そのとき流れてきた曲はこれ。

David Guetta – Titanium ft. Sia (Official Video)

ボーカルはSiaだし。これは掘り出し物と思って即座にGoogle Play Musicで検索してライブラリに追加。
家に帰ってきてからはPCでヘビーローテーション中。

曲目
1.Where Them Girls At (featuring Flo Rida and Nicki Minaj)
2.Little Bad Girl (featuring Taio Cruz and Ludacris)
3.Turn Me On (featuring Nicki Minaj)
4.Sweat (vs. Snoop Dogg)
5.Without You (featuring Usher)
6.Nothing Really Matters (featuring will.i.am)
7.I Can Only Imagine (featuring Chris Brown and Lil Wayne)
8.Crank It Up (featuring Akon)
9.I Just Wanna F (with Afrojack featuring Timbaland and Dev)
10.Night of Your Life (featuring Jennifer Hudson)
11.Repeat (featuring Jessie J)
12.Titanium (featuring Sia)

曲目を見てもらうとわかるように、ヒップホップやR&Bのアーティストとのコラボレーションがこのアルバムのテーマになっている模様。
自分はヒップホップは敬遠する方だけど、こういう形でなら聴き易くてよいかな。曲によってはほとんどハウスビートでなくヒップホップになっていたりする。
あと、例によって豪華版がいくつか出ているようだけど、自分が聴いているアルバムではTitaniumの日本語バージョンが収録されていた。歌っていたのはシェネル。急に日本語になってびっくりしたけど、非常に良かった。今まで全然聴いてないんだけどシェネルが少し気になってきた。

純情ランドセル/赤い公園

ガールズバンド、赤い公園の3rdフルアルバム。2016年発売。
同じくガールズバンドのねごとの特徴が非日常的な浮遊感にあるとしたら、赤い公園の方はそのまま日常的感覚が特徴になる。なのでこの2バンドは自分的には対を成す存在と思っている。
今回のアルバムもやはり日常感に溢れた良作だった。

曲目
1. ボール
2. 東京
3. Canvas
4. 西東京
5. ショートホープ
6. デイドリーム
7. あなたのあのこ、いけないわたし
8. 喧嘩
9. 14
10. ハンバーグ!
11. ナルコレプシー
12. KOIKI
13. 黄色い花
14. おやすみ

ショートバージョンだけど、このMVが気に入ったので貼っておこう。どうかフルバージョンも公開されますように。

赤い公園「KOIKI」MUSIC VIDEO

関連記事
猛烈リトミック/赤い公園

Everything This Way/Walking On Cars

アイルランドのロックバンド、Walking On Carsの1stアルバム。2015年発売。
渋くてカッコいい。ボーカルの声も好き。
ダークな感じが、すごくアイルランドっぽい。

曲目
1.Catch Me If You Can
2.Two Stones
3.Don’t Mind Me
4.Ship Goes Down
5.Speeding Cars
6.Love Backs Down
7.Always Be With You
8.Hand In Hand
9.At Gunpoint
10.Tick Tock
11.Flying High Falling Low
12.As We Fly South

アイルランドのロックやポップって何となく宗教音楽っぽい感じがする。
やっぱり信心深いのかな。

Walking On Cars – Speeding Cars

COSMIC EXPLORER/Perfume

Perfumeの6thアルバム。2016年発売。
3年ぶりのPerfumeのアルバムということで、不安と期待を抱きながら発売直後に購入。
結果としては、まあ期待外れではないけれど、新しい驚きがあるわけでもなかった。安心といえば安心、残念と言えば残念。
自分が一番良く聴く「Triangle」をリプレースするほどのパワーはないかな?
この手の音楽としてはありがちなことだけど、音圧高過ぎでボーカルが霞むこと多し。ボーカルを聴かせる音楽じゃないと言われればそれまでなのだけど、今までのアルバムに比べてそういう傾向が強くなったような気がする。低音ブースト気味なイヤホンのせいかも知れないけど。

曲目
1. Navigate
2. Cosmic Explorer
3. Miracle Worker
4. Next Stage with YOU
5. STORY
6. FLASH (Album-mix)
7. Sweet Refrain (Album-mix)
8. Baby Face
9. TOKIMEKI LIGHTS (Album-mix)
10. STAR TRAIN (Album-mix)
11. Relax In The City
12. Pick Me Up
13. Cling Cling (Album-mix)
14. Hold Your Hand

過去の5枚を全部持ってる人なら買うべき。まだの人は過去作品から買うのがオススメな感じ。
「Pick Me Up」のPVは非常にPerfumeっぽくて好き。

[MV] Perfume 「Pick Me Up」

関連記事
トライアングル/Perfume
Perfume Global Compilation “LOVE THE WORLD”/Perfume

In a Perfect World/KODALINE

アイルランドのロックバンド、コーダラインの1stフルアルバム。2013年発売。
ロックシーンに疎い自分には彼らの日本での知名度や世界的な立ち位置などはまったくわからないのだけど、このアルバムは自分の知り合いに「これ、いいよ!」と勧めたくなるような温かみを感じる。

曲目
1. One Day
2. All I Want
3. Love Like This
4. High Hopes
5. Brand New Day
6. After the Fall
7. Big Bad World
8. All Comes Down
9. Talk
10. Pray
11. Way Back When

2ndの「Coming Up for Air」も良いし、今一番気に入ってるロックバンドだ。

Kodaline – One Day

関連記事
Coming Up for Air/Kodaline

自由律/黒木渚

黒木渚の2ndフルアルバム。2015年発売。
この人の歌は面白い。言葉の意味というよりはシーンが頭に浮かんでくる感じ。大人な歌詞も良い。
しかしジャケ写の体操着なのか何なのかよくわからない衣装は何なのだろう。どうしてナマ足ムキ出しなのだ!もう少し説得力のある衣装をお願いします。
でもアルバムの価値が下がるわけではないしなあ。

曲目
1.虎視眈々と淡々と
2.枕詞
3.大予言
4.アーモンド
5.107
6.命がけで欲しいものひとつ
7.テンプレート
8.君が私をダメにする
9.白夜

女性ロックが好きならぜひ一聴を。

関連記事
標本箱/黒木渚