Hello To The World (初回限定盤B) のBonus Disk/家入レオ

基本、シングルはほとんど買わないんだけど、これはちょっと見逃せなかった。そのうちアルバムに入るかも知れないけど。
家入レオのシングル「Hello To The World (初回限定盤B)」(2016年発売) のBonus Diskの曲目がこんな感じ。

曲目
1. Just Missed The Train(*Trine Reinカバー)
2. Time After Time(*Cyndi Lauperカバー)

シンディー・ローパーが歌った「Time After Time」は大好きなので、それを家入レオがどんな風に歌うのか、押さえておかねばなるまいと思った。
結果としては期待した以上のものではなかったけど、ピアノアレンジに載せて優しく歌う家入レオの声は可愛らしくてよかった。
これはちょっと大人な歌だと思うので、もう少し大人っぽく歌ってもよかったかな。
「Just Missed The Train」の方はケリー・クラークソンしか聴いたことないけど、これもまあ可愛くてよかった。

それにしても本体CDの「Hello To The World」はちょっとなあ。作曲・編曲が元Superflyの多保先生なんだけど、やっぱ西尾先生でないとダメかなと思った。
とりあえずひとつのチャレンジだったということで、暖かく見守っていこう。

関連記事
20 〜4TH LIVE TOUR〜/家入レオ
a boy/家入レオ
LEO/家入レオ

Nowhere/RIDE

イギリスのオルタナティブ・バンド、ライドの1stフルアルバム。1990年発売。
シューゲイザーを最近いくつか聴いたせいか、Google Play Music先生がシューゲイザー系をオススメしてくることが多い。その方面はまだ不案内なので、おっかなビックリでちょっとずつ聴いていこうと思ってるんだけど、これはちょっと目を逸らせなかった・・・文字通りに。
いやあ、このジャケット、素晴らしい。絵?写真?それはわからないけど、不毛、不安、シュール、静けさ、力強さ、陰鬱さ、いろんなものがにじみ出てくるような風景。こんな風景を間近に眺めたら何時間でも飽きないだろうな。
中身も聴いてみたけど、ああやっぱりシューゲイザーってこうなんだな、っていう期待通りの内容。好きな人は好きだろうけど、万人向けではない。

曲目
1. Seagull
2. Kaleidoscope
3. In A Different Place
4. Polar Bear
5. Dreams Burn Down
6. Decay
7. Paralysed
8. Vapour Trail
9. Taste
10. Here And Now
11. Nowhere

1曲目が「Seagull」つまりカモメなのが面白かった。なぜならジャケットを見て真っ先に思い出したのがリターン・トゥ・フォーエバーのカモメのジャケットだったから。あちらの方がより動的ではあるけれど、イメージに共通点は多い気がする。
と、ビジュアルな話に終始してしまった。新タグ「ジャケ買い」を作っておこう。

Z/ZONE

00年代前半に活躍したガールズ・バンド、ZONEの1stアルバム。2002年発売。
自分はZONEのことはほとんど知らないのだけど、このアルバムに収められている「secret base 〜君がくれたもの〜」という曲は時折耳にすることがあり、その度に「いい曲だなあ」と思うので、アルバムで聴いてみようと思った。
2000年から活動を開始したらしいけど、それはちょうどSPEEDの解散時期と重なるのでスポッとそこにハマる感じはあるかな。歌詞があんまり背伸びせず、等身大の青春が歌われているのがすごく良い。やっぱりアルバムで聴いても「secret base 〜君がくれたもの〜」が抜きん出て名曲だった。

1.風のはじまる場所
2.GOOD DAYS
3.大爆発 NO.1
4.世界のほんの片隅から
5.ボクの側に…
6.secret base ~君がくれたもの~
7.オレンジの夕日
8.secret base ~君がくれたもの~ Piano Ver.

このアルバム、結構気に入ったかも。