Formula21/ICE

自分の周りでは誰も知る人のない音楽ユニット、ICEの9thアルバム。2003年発売。
自分が90年代から00年代の間、あんまり熱心に音楽を発掘しなかったのも、実は「ICEを聴いていれば満足出来た」からだったりする。ブームにならず、解散もせず、淡々と良いアルバムを発信し続けた彼らは、自分にとって一番身の丈に合った音楽だった。
ロックでもありポップでもあり、新しくもあり古くもあり、イージーでもありハードでもある。いろんな相反する要素が次から次へと変転しながら流れていくアルバムは、今も繰り返し聴いていて飽きない。
彼らのアルバムの中で一番好きなのはこの「Formula21」だ。多分、彼らのアルバムの中では実際に聴いた回数も一番多い。

曲目
1. C’est La Vie
2. SOUL LOVERS
3. (Going To The) LIGHT OF THE WORLD
4. Formula 21
5. TIME OUT!
6. Circle 6th Sidewalk
7. I saw the light
8. TANGERINE
9. spirit
10. GOOD NIGHT
11. LOVE IS EVERYTHING
12. Sunshine Woman
13. ROCK‘N’ROLL (Life goes on) (Bonus Track)

しかし、実は斉藤和義の名前がクレジットされていたのはついさっき知った。13年間気づかなかったよ、お恥ずかしい限りで・・・。
とにかくCDを掛けたら即ゴキゲンだったからねえ、ブックレットなんか開いたことなかったのよ。

関連記事
HIGHER LOVE~20th Anniversary Best/ICE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です