Two Pages/4 Hero

イギリスのテクノユニット、4ヒーローの3rdアルバム。1998年発売。
4ヒーローは特に初期にはドラムンベースの曲を多く発表していた。本作も概ねドラムンベースである。
自分が彼らに興味を抱いたのは、J-WAVEで「Star Chasers」が流れてきて、「ああ、いい曲だなあ」と感じたからだった。

4Hero – Star Chasers

ドラムンベースはジャングルの忙しないリズムに穏やかなメロディーを乗せることで独特の浮遊感を生み出すのが特徴で、ちょうどボサノヴァのようにハマると抜け出しがたい魅力がある。
また、打ち込みでもライブでも表現できるのでいろんなジャンルに応用しやすいこともあり90年代後半からずいぶん流行ったものだった。
本作でも生ベースや生ストリングスが多用されていて、あまりテクノっぽくない、むしろジャズっぽい音になっているので尚更自分には好みだったりする。

曲目
1. Loveless [feat. Ursula Rucker]
2. Golden Age Of Life
3. Planetaria (A Theme From A Dream)
4. Third Stream
5. Wormholes
6. Escape That
7. Mother Solar Pt.1
8. Spirits In Transit (Edit)
9. Greys
10. The Action (Album Version) [feat. Ish (aka “Butterfly”)]
11. Star Chasers
12. Wishful Thinking (Edit)
13. Normal Changing World
14. Universal Reprise
15. We Who Are Not As Others (Album Version (Edited))
16. Humans
17. Pegasus 51 (Edit)
18. Three Thousand And Five (Edit)
19. De-Sci-Fer

しかしながら、CD2枚組なので長い。いつも「Star Chasers」までは頑張って聴くのだが、その後は聴き流しになっちゃうんだよなあ。
過ぎたるは及ばざるがごとし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です