Ray Of Light/Madonna

マドンナの1996年発売の8thアルバム。
そうか、これも20年前になってしまったのか。時が経つのは本当に早い・・・。
マドンナって別に好きじゃないんだけどね。ただ、このアルバムにはちょっとビックリした。テクノあり、アンビエントあり、エスニックありでヒンディー語?だけの曲もあり。そうして構築されたサウンドはポップミュージックの最先端。これは90年代を代表する名盤だな、と勝手に思ってるけど。
そしてまたジャケ写の御姿の神々しさよ・・・と思ったら何枚か後ではまた悪趣味なピンクのレオタードを着てるとか。同じことは二度やらない。それが一流の証か?

曲目
1. Drowned World/Substitute For Love
2. Swim
3. Ray Of Light
4. Candy Perfume Girl
5. Skin
6. Nothing Really Matters
7. Sky Fits Heaven
8. Shanti/Ashtangi
9. Frozen
10. The Power Of Good-Bye
11. To Have And Not To Hold
12. Little Star
13. Mer Girl

たぶん他のアルバムはもう今更聴かない。マドンナはこれ一枚で十分お腹いっぱい。

関連記事
Girl Who Got Away/Dido

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です