dynamo/avengers in sci-fi

3ピースバンド、avengers in sci-fi(読み:アヴェンジャーズ・イン・サイファイ)のメジャー1stアルバム。通算では3rd。2010年発売。
シューゲイザーの流れを汲むエフェクト使い倒しのギター&ベースにシンセを加えた飛び道具満載の音空間が面白い。
機械好きはこのエフェクターの数にちょっと萌えてしまう。
avengers_in_sci-fi_amazon

avengers in sci-fi “Intergalactic Love Song”

効果音がSFっぽいというレベルではなく、根っこから宇宙的な無国籍感を感じる。あとはボーカルをハナモゲラにすれば完璧だと思うのだが・・・・これは冗談。
聴き易い部分も多いけれど、サビでボーカルお構いなしに被ってくる轟音ギターが気持ちよいかどうかが好みの分かれ目かな。
自分は結構好き。

曲目
1. El Planeta / Love
2. Wonderpower
3. Cydonia Twin
4. Intergalactic Love Song
5. Delight Slight Lightspeed (dynamo version)
6. Before The Stardust Fades
7. There He Goes
8. Lovers On Mars
9. Where Stars Sleep
10. Caravan
11. Future Never Knows
12. Space Station Styx
13. El Planeta / Birth

自分はシューゲイザーには馴染はなかったけど、彼らが結構面白かったのでちょっと興味が出てきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です