幕の内ISM/パスピエ

パスピエの2014年発売のアルバム。インディーズから通算して5枚目のフルアルバム。
アニメ声のボーカル、前に出まくるシンセの音、スラップばっかりのベースなど、バンド全体が特徴的なサウンドで構成されていて面白い。
好き嫌いは別れると思うけれど、アルバムを通して聴くだけの価値はあるバンドだと思う。掴みだけ聴いてスルーしてしまうのはちょっともったいない。
PVもYouTubeでたくさん観られるのでぜひどうぞ。

パスピエ – とおりゃんせ

曲目
1. YES/NO
2. トーキョーシティ・アンダーグラウンド
3. 七色の少年
4. あの青と青と青
5. ノルマンディー
6. 世紀末ガール
7. とおりゃんせ
8. MATATABISTEP
9. アジアン
10. 誰?
11. わすれもの
12. 瞑想

唯一問題なのは、歌詞が頭に入らないこと。端々に印象的なフレーズは散らばっているんだけど、歌として入ってこないかな。
実はダンスミュージックなのかも知れない。作業BGMとしても絶妙かも。
前作の「演出家出演」も良かったので、新作の「娑婆ラバ」にも手を出したくなってしまう。ちょっと考え中。

関連記事
娑婆ラバ/パスピエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です