Tango in the Night/Fleetwood Mac

イギリス出身のロックバンド、フリートウッド・マックの18枚目のアルバム。1987年発売。
自分にとってのフリートウッド・マックの入門アルバムだったので、未だにこれが一番気に入っている・・・と言っても、自分が聴いたのは「噂」~「Tango in the Night」の範囲だけど。
アルバムを通して聴くのが楽しくなる起伏に富んだ内容で、複数のメンバーがソロを取れる強みが十二分に生かされていると思う。
特に気に入っているのは2曲目の「Seven Wonders」。スティーヴィー・ニックスのボーカルがとても心地よい。
「Little Lies」も名曲。

曲目
1.Big Love
2.Seven Wonders
3.Everywhere
4.Caroline
5.Tango in the Night
6.Mystified
7.Little Lies
8.Family Man
9.Welcome to the Room…Sara
10.Isn’t It Midnight11.When I See You Again
12.You and I, Part II

発売当時に買ったのでもう28年経ったわけだけど今でも愛聴盤の1枚。
それにしてもこの人たち、空中分解寸前と言われながらまだ活動しているのね。すごい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です