D.ショスタコーヴィチ:交響曲第5番/レナード・バーンスタイン:指揮 ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラ

1979年の日本公演をデジタルレコーディングしたライブ音源。
CDプレイヤーはまだ市販されていなかった時代なのでLPレコードとして発売され、自分が高校生の小遣いで必死に買った1枚だった。
やがてCDプレイヤーがSONYから市販された折、第一弾のCDアルバム50枚(100枚だっけ?)の中にこれも含まれており、CDに買い換えた次第。
このことからもこのアルバムのオーディオ的評価が高かったことが窺える。
第1楽章から第3楽章にかけての身を捩るような苦悩とも思える欝々とした表現と、すべてを吹き飛ばすような第4楽章の爆発的なイメージはドラマチックなことこの上ない。

曲目
1. 第1楽章 モデラート
2. 第2楽章 アレグレット
3. 第3楽章 ラルゴ
4. 第4楽章 アレグロ・ノン・トロッポ

Google Play Musicのクラシックの充実度はどんなものかと思って検索してみると、バーンスタイン、カラヤン、フルトヴェングラー、小澤征爾などのアルバムは相当な数が聴けるようになっている。
資金に余裕がないと手を出しづらかったクラシックも一気に敷居が低くなった模様。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です