4 FORCE/Every Little Thing

2001年発売のELTの4thアルバム。
3rdアルバムまでは作詞・作曲・編曲をほとんど五十嵐充がこなしていたが、彼が2000年に脱退してしまったため、作詞は持田香織が担当し、外部の作曲家が作曲する形で制作された初のアルバムになる。
この時期、J-POPをほとんど聴いていなかった自分としてはそんな事情も全く知らず、ELTの曲は「Time goes by」と「fragile」しか知らなかったのだけど、この2曲が五十嵐時代と持田時代のそれぞれの代表曲であることに興味を覚え、「fragile」を収録した4thから聴き始めた次第。個人的にも「fragile」の方が好きだし。
アルバムは屋台骨を失った痛手をほとんど感じさせない充実した内容で、作曲の路線も従来のイメージを大きく変えないように配慮されていたのかもしれない。
作詞を手掛けるようになった持田香織には大きなプレッシャーがあったことも知らているが、結果としてアルバムは成功を収めた。J-POPの幸福な時代ゆえのエピソードかも知れない。

曲目
1. Graceful World
2. JIRENMA(Album Mix)3. 愛のカケラ
4. Good for nothing
5. 鮮やかなもの
6. sweetaholic girl
7. Home Sweet Home
8. fragile
9. No limit
10. force of heart
11. One

「fragile」は良い曲だよね。持田香織の作詞センスが素晴らしいと思う。

関連記事
moka/持田香織

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です