Born in the 80’s/Hadrien Feraud

久しぶりにジャズの新譜を開拓。
エドリアン・フェローというベーシストのリーダー・アルバム。
80年代ファンクの匂いがするタイトル曲を始めとして、70~80年代のファンク・ジャズ・フュージョンシーンへのオマージュがどっぷりと混ぜ込まれた音がする。
この人のベースプレイを初めて聴いたけど、ジャコ・パストリアスかと思った。よく似てる、というか思い切っりリスペクトしてるみたいね。
ベーシストのリーダーアルバムとはいえ、ベースソロで押しまくるような力技アルバムではないので非常に聴きやすい。

曲目
1.Birth
2.Born in the 80’s
3.Underneath the Golden Moon
4.Gotta Go
5.(What’s Crackin’ In) India Town
6.Satisfying
7.Open up
8.Music, Thank You
9.Ingrid P
10.Circles
11.Punk Jazz

この人はちょっと気になるな。しばらくマークしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です