inside/David Sanborn

Amazarashiのせいで脳みそがオーバーヒート気味なので、ちょっとクールダウンするためにクールな音楽を。
サックス奏者、ディビッド・サンボーンの10何枚目だかのアルバム「inside」。
カッコよくてハイセンスでゴージャスなフュージョンが聴きたい、と思ったらこのアルバムは超おススメ。
何がゴージャスかと言うと、参加メンバー。複数のサイトから拾ったので重複が怖いから50音順に並べてみた。
しかも全部網羅できていたサイトはなかった。これで全部という保証もなし。
もちろん殆どは1曲か2曲の客演なんだけど、マーカス・ミラーはプロデューサー兼ベースの他、ローズやギター、クラリネットまで演奏してて「誰のアルバムだよ?」みたいな感じ。プロデューサーだからまあいいのか。

ウォレス・ルーニー
エリック・ベネイ
カサンドラ・ウィルソン
ギル・ゴールドスタイン
ジーン・レイク
スティング
ディーン・ブラウン
ディヴィッド・アイザック
ディヴィッド・サンボーン
ドクター・ジョン(ヴォーカルサンプリングのみ)
ドン・アライアス
ハンク・ロバーツ
ビル・フリーゼル
ファリード・ハーク
マーヴィン・スーウェル
マーカス・ミラー
マイケル・ブレッカー
リッキー・ピーターソン
レイラ・ハサウェイ
レニー・ピケット
ロニー・キューバー

曲目
1. Corners (For Herbie)
2. Daydreaming
3. Trance
4. Brother Ray
5. Lisa
6. When I’m With You
7. Naked Moon
8. Cane
9. Ain’t No Sunshine
10. Miss You

1曲目の「Corners(For Herbie)」は自分が好きなハービー・ハンコックのアルバム「Mr. Hands」の中の1曲をアレンジしたハービーへのオマージュになっている。全然イメージが違うから最初は気付かなかった。
誰が一番良かったかというとスティングだったり。結構な謎アルバムだ。
ちなみにこのアルバムで2000年にグラミー受賞(Best Contemporary Jazz Album)。
もしもFourPlayとか好きだったら迷わず買うべし。FourPlayにはサクソフォーンは入っていないからいい具合にバリエーションが増えるよ。

関連記事
Between the Sheets/Fourplay
Mr. Hands/Herbie Hancock
The Last Ship/STING

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です