Hozier/Hozier

Hozierはアイルランドのシンガーソングライターで「ホージア」と読むらしい。
その2014年発売の1stアルバム。
アイルランドで大ヒットらしいが、一回聴くとそれも納得する。
全然音が新しくない。古臭い音に重苦しい歌が乗っかって、そのうち「エーイメーン」とかやられてしまうと敬虔になるしかなくなってしまう。
冗談はさておき、こういう音作り・曲作りが彼の声によくマッチして、聴いていてとても気持ち良い。
クリーンでハイファイな最近の音に飽きが来ている人や、男っぽい渋い音を求める人にはおススメ。

曲目
1. Take Me to Church
2. Angel of Small Death and the Codeine Scene
3. Jackie and Wilson
4. Someone New
5. To Be Alone
6. From Eden
7. In a Week
8. Sedated
9. Work Song
10. Like Real People Do
11. It Will Come Back
12. Foreigner’s God
13. Cherry Wine

うーん、落ち着くなあ、このアルバム。秋向きだ。

Hozier – Take Me To Church

Hozier – Someone New

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です