Android & Human Being/Salyu

2015年リリースの5thアルバム。
この記事を書いている時点での最新アルバム。
何しろ自分的には国宝扱いのSalyuなので、期待しまくり状態で聴くことになったんだけど、結果から言うと残念感が拭えなかった。
「Android & Human Being」というタイトルなわけだから、コンセプトありきのアルバムだろうと思ったんだけど、アンドロイド的な部分というのがオートチューンなら、あまりに捻りが無さ過ぎ。
それから、3か所に置かれたインターリュード(1曲目はプレリュードか)ともいうべき「先回りして」という曲。これが意味不明。なにか道標のような役割があるのかと期待したけどやっぱり意味不明。
全体を通して世界観のようなものが感じられたかというとそれも無し。まあ荒廃してるんだろうな、とか無人の街なんだろうな、とかイメージは伝わってくるけど・・・。
「THE RAIN」や「アイニユケル」など、気に入った曲もあるので買う価値がないわけではないが、せっかくの才能を活用するなら小手先のコンセプトより楽曲優先・歌優先にして欲しかった。

曲目
1. 先回りして
2. 非常階段の下
3. リスク
4. 心の種
5. 有刺鉄線
6. 先回りして 2
7. フェスタリア
8. カナタ
9. THE RAIN
10. 希望という名の灯り
11. 先回りして 3
12. アイニユケル

思えば、自分が感動した3rdアルバム「MAIDEN VOYAGE」は一応Salyuのセルフ・プロデュースだったわけね。で、4th・5thは小林武史のプロデュースってことで。自分はやはりSalyu個人の感性が好きなのだろう。
次回作に期待。

関連記事
Maiden Voyage/Salyu(国宝級)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です