moka/持田香織

2009年発売の1stアルバム。
持田香織はもちろんEvery Little Thingのメンバーであるけれど、ソロアルバムも何枚か出していて、その1枚目がこれ。
グループの制約から解き放たれて自由にイメージを広げているせいかアコースティック色の強いアルバムになっている。要するに癒し系。いや、超癒し系と言ってもいいかも。癒しが不足気味の人は寝る前にこのアルバムを聴くとよいかも。
2000年にELTを五十嵐充が脱退したことで、ボーカル専任から作詞に手を広げることになったのが持田香織にとっての第一の転機だったとすれば、このアルバムのリリースは第二の転機と言ってもよいかも知れない。

曲目
1. はじまりとは
2. Drop
3. タオ
4. weather
5. 雨のワルツ
6. ABC
7. Real and Imagined
8. プリーズ ミー
9. 静かな夜
10. 君のくれた世界
11. ねむれ ねむる
12. Every day Love

このアルバムには、有名なミュージシャンが何人も参加している。
それでもあまり乱雑にならず、「持田香織のアルバム」として安心して聴ける仕上がりになっている。
(個人的に、あんまり「feat.」が多いアルバムは敬遠の理由になってしまうので。)

関連記事
4 FORCE/Every Little Thing

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です