live at budokan~acoguissimo/miwa

これはCDではなくて、ライブ映像のDVD/Blu-rayソフト。
出演者はmiwaひとり。場所は武道館。内容はギター弾き語り。観客は1万2千人(3月8日公演のみの数字)。
miwaのライブ映像はYouTubeで視聴できるものを除いてまだ一度も見たことがなかったけど、このライブのことを雑誌で(しかも後で)知って、「これはどうしても見たい」と思いBlu-rayの方を予約して買った。
あの小さなmiwaは、どんな魔法で1万2千人を魅了するのか?これってなかなかないシチュエーションだと思う。
アンジェラ・アキがすでにピアノ弾き語りのソロ公演を武道館でやっているんだけど、なんかアンジェラ・アキって背が高そうだしグランドピアノって武器としてかなり強そうだしであんまりドキドキしないので華麗にスルー。

Bul-rayは開封した後の24時間のうちに3回見た。特に初回は激しく感動した。1万2千人に囲まれてギターを弾きながら歌うmiwaは素晴らしかった。ギターがうまいなあ、とは前から思っていたけど、1080pのHD映像で観ると尚更にそう感じる。ギブソンのアコギを掻き鳴らす様に、楽器の音を使い切ろうとする迫力がある。それにちゃんと楽器が応えている。そしてギターの音とmiwaの歌声が武道館を埋め尽くした聴衆に届く(PAは使っている)。それに聴衆が喝采や拍手や笑い声や振りや「タオル」で呼応する。会場全体が、miwaを中心にひとつのまとまりになっている。自分が見たかったものが、しっかりとそこにあった。
余興も挟んで2時間半を超える映像だけれど、観ていて楽しかったし、余計なカットは一切挟まれずに会場の映像だけに絞ってあったし、カメラワークもすごく良かったし(自分は映像の素人だけどね)、音響もすごく良い。
なによりBlu-rayの解像度でmiwaの演奏を観られる幸せ。左手のフィンガリングも、右手のストロークやアルペジオもくっきりと見えるし、カポタストやチューナーやマイクやイヤフォンまでしっかり見える。ギターもしっかり映っている。ここまでディテールを見られるライブ映像って、自分は初めて見た。今までは諸事情で映像ソフトはDVDに統一していたのだけど、これを機に今後はBlu-rayで揃えようと思った。

曲目
1. OPENING
2. 441
3. 君に出会えたから
4. 春になったら
5. ハツナツ
6. めぐろ川
7. オトシモノ
8. ヒカリヘ
9. Napa
10. True Colors
11. 片想い
12. don’t cry anymore
13. Faith
14. again × again
15. Delight
16. つよくなりたい
17. ミラクル
18. 希望の環 (WA)

YouTubeに公式のトレーラがあったので引用。

「miwa live at 武道館 ~acoguissimo~」ダイジェスト

関連記事
Delight/miwa

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です