Wild In The Streets/Bon Jovi

脳天気なジャケ写といかにもアメリカンロックな曲満載で非常にインパクトのあったボン・ジョヴィの3rdアルバム。1986年発売。
海外ではジャケ写もタイトルも別なので輸入盤を探すときは注意が必要。アメリカでは「Slippery When Wet」という地味なタイトルで、目を疑うような地味地味なジャケ写で発売されている。これでよく世界で2,800万枚も売れたもんだ。もちろん中身が良いんだけど。つまり、いかに「ジャケットはどうでもいい」かを示す好例だってことね。
ボン・ジョヴィのボーカルのジョン・ボン・ジョヴィ(ややこしい)はもちろん歌がうまいんだけど、アメリカのテレビドラマ「アリー・マイ・ラブ」にアリーの恋人役で一時レギュラー出演してたことがあって、まあとにかくいい男っぷりに感心したもんだわ。ロック・スターでイケメンで性格良さ気で茶目っ気もあって、って羨ましすぎ(笑)。
そんなわけでこのバンドはついつい贔屓目に見てしまうのであった。いや、自分が贔屓しなくたって死ぬほど売れたわけだけど・・・。

曲目
1. レット・イット・ロック
2. 禁じられた愛
3. リヴィン・オン・ア・プレイヤー
4. ソシアル・ディジーズ
5. ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ
6. レイズ・ユア・ハンズ
7. ウィズアウト・ラヴ
8. アイド・ダイ・フォー・ユー
9. ネヴァー・セイ・グッドバイ
10. ワイルド・イン・ザ・ストリーツ

自分は輸入盤でもiTunesではアルバムアートを日本盤のにしている。iTunesに勝手にUSアートに書き換えられた時はマジ切れした。つまり、「でもジャケットにはこだわる」。そういうことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です