ALRIGHT/秦基博

2008年の2ndアルバム。
ここ数年、よく名前を見かけるので気になっていた。自分はテレビやラジオは全く視聴しないため、ネットで動画を観るかCDを買うか借りるかでもしないことには音が耳に入ってこないのである。
ごく例外的に床屋でJ-WAVEを聴くとか、マクドナルドの店内で聴くとかいうケースがあるけど。
だから必然的にまずネットで「名前を文字で知る」–>「気になってYouTubeで観る」–>「気に入ってCDを買う」パターンが多くなる。

このアルバムを聴いた第一印象は「スガシカオに似てるかも」だった。声とか曲とか違うじゃん、と思うかも知れないけど、時折出てくる洋楽っぽさ(ファンク調とか)がスガシカオっぽいんだよね。
事務所も同じ(スガシカオはもう抜けちゃったけど)だったね、そういえば。
なのでスガシカオが大好きな自分はアルバムを聴き終わる頃にはもうニンマリして「もう一回リピート!」になっていた。
こういうのはYouTubeで何曲か拾っただけでは気付かなかったりする。アルバム聴きは大事だよね。

■曲目
1. 夕暮れのたもと
2. キミ、メグル、ボク
3. バイバイじゃあね
4. ファソラシドレミ
5. Honey Trap
6. 花咲きポプラ
7. 虹が消えた日
8. 最悪の日々
9. 夜が明ける
10. 休日
11. フォーエバーソング
12. 新しい歌

初回限定版にはボーナストラックが3曲入っていて、そのうちの1曲「空中ブランコ」が一青窈とのデュエットですごく良かった。

■関連記事
Sugarless/スガシカオ
一青想/一青窈

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です