COVER 70’s/柴田淳

懐メロ・歌謡曲にはほとんど郷愁を抱かない自分ではあるけれど、さすがにこのアルバムに並んだ曲は全部知ってた。
柴田淳のオリジナルアルバムもこれから順次聴いていくことになるけれど、初期の代表曲は昨日の「Single Collection」で一通り聴いたので、次はやっぱりこの1枚が聴きたかった。
アレンジはかなりオリジナルに忠実に思える。厳密に比較したわけじゃないけど。
「Single Collection」では聴けなかったアップテンポの曲もあるので、歌唱力を確認できてひと安心。
それにしてもカバーアルバムとしては異例と言える「直球勝負」。アレンジを弄り過ぎて嫌らしく聴こえる某男性シンガーに比べて、柴田淳のカバーの仕方はすごく男前に感じる。
アレンジがオリジナルに近いからこそ、声や歌い回しの違いがよくわかる。聴く人は素直に彼女の歌声を聴き、その良さをちゃんと知るだろう。
当たり前だが選曲は素晴らしい。捨て曲なし。すごくいい。
当然、オリジナルと比較して物足りなく感じる部分もあるにはある。でもリピート聴きするだけの魅力はちゃんとある。というか、何度でも聴きたい。今夜は一晩中リピートだ。

曲目
1.異邦人
2. みずいろの雨
3. 迷い道
4. あなた
5. 木綿のハンカチーフ
6. 飛んでイスタンブール
7. 青春の影
8. 秋桜
9. 東京
10. スカイレストラン
11. 22才の別れ
12. Mr.サマータイム

初回限定盤だと「卒業写真」が追加されてるのね。中古で見つけたら即ゲットするぞ。

関連記事
Single Collection/柴田淳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です