ON/BOOM BOOM SATELLITES

バンド編成はギター、ベース、ドラムにシンセ多用、ツインボーカルとすごくロックバンドっぽいのに、出てくる音が全然ロックバンドっぽくない変なバンド。
最初聴いたときの印象は「人力でアンダーワールドをやってるみたい」だった。
一言で言えば「強烈」。ドラムはさぞかし疲れるだろう。余計なお世話か。
曲のアプローチがロックではなくダンスミュージックなのだけど、ロックの良いとこ取りもするのでサウンドに幅がある。
歌詞は英語ばっかりだし和的な要素は0だけどれっきとした日本人のグループ。最初に契約したレーベルがベルギーだったとか。
カテゴリーを「洋楽」に入れたくなるほど、洋楽的。
音がとにかくかっこいい。聴き疲れはするけど。

曲目
1. Kick It Out
2. 9 Doors Empire
3. Girl
4. id
5. Play
6. She’s So High
7. Pill
8. Generator
9. Beat It
10. Porcupine
11. Nothing
12. Loaded

どういうキッカケで聴くようになったんだか、すっかり忘れてる。ボケが始まったか?
ジャケ買いだったかなあ・・・

関連記事
SHINE LIKE A BILLION SUNS/BOOM BOOM SATELLITES

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です