ワイヤレス・ヘッドホン

エレキギターを弾くときにヘッドホンのコードが煩わしかったので、ワイヤレス・ヘッドホンを購入。
以前の接続はこんな風。

 エレキギター –> マルチエフェクター –> ヘッドホン

少し前にエレキギター用のワイヤレスシステム(Line6 Relay G30)を導入して、十分実用になりそうだったので、欲張ってヘッドホンもワイヤレス化してみた。

 エレキギター 無線-> マルチエフェクター 無線-> ヘッドホン

こうすると、席を立つときにケーブルを気にする必要がないので非常に快適。
楽器の接続をワイヤレス化するときは信号の遅延によって発音が出遅れるかどうかが気になるわけだけど、実際にやってみると全然問題なかった。
自分の場合はコードジャカジャカしかやらないので、速いフレーズを弾く人には気になる程度の遅れは出ているのかもしれない。
自分でもわずかな遅れは感じてはいるけど、リズムが引っ張られるほどではないな、と。
Relay G30単体で使用したときとほとんど変わらないので、ワイヤレス・ヘッドホンでは大した遅延はないのかも知れない。

今回買った機種はオーディオテクニカのATH-DWL500。値段は1万円をちょっと超えるくらいだった。
デジタルワイヤレスの機種では低価格な方。
送信機に乗せた状態。これで内蔵電池に充電できる。フル充電にかかる時間は説明書によると最長6時間とのこと。
ワイヤレスヘッドホン(充電中)

送受信中は双方とも青いLEDが光る。
ワイヤレスヘッドホン(通信中)

この機種に決めた一番の理由は、オートパワーオフを無効にできるから。
一般的には数分ほど音声信号が途絶えると節電のため自動的に電源が切れるヘッドホンが多い。
たとえば使用中にメールが届いて、それに受け答えしている間にヘッドホンの電源が切れてしまうと、ヘッドホンのスイッチを押して電源を入れる必要がある。
全然大した手間じゃないはずなんだけど、実際には電源切れに気付くのはギターを弾き始めてからになるので、ものぐさな自分としてはできるだけそういう余計な手間は省きたいと思う。
その代わり、使い終わったら必ず電源オフを自分でやらないといけないのでは?と思ったけど、実はこの機種は充電中は音楽が聴けない。
だから使い終わったら送信機の上に戻すことを心がければ電源オフのためにスイッチを押す手間が省ける。これに気付くと、すごく使い勝手が良くなる。

上位機種のATH-DWL700は重低音に合わせてヘッドホンがビリビリと振動するらしい。映画やゲーム向けってことなんだろうけどさすがにそれは不要と思った。
アイディアとしては面白いけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です