Sensual World/Kate Bush

1989年、オリジナルアルバムとしては6作目になるアルバム。
自分は「Never For Ever」をほぼリアルタイムで買って以来、今でもずっとケイト・ブッシュのアルバムを買い続けているけど、その中から1枚取り出して聴くとしたらこれが一番心地よい。
イメージはそれまでのアルバムと大きくは変わらないのだけど、何となくケイト・ブッシュ自身が吹っ切れているというか、のびのびと歌っているように感じる。
難解な曲もないので聴き易く、人にもオススメしやすいし。

Placeboの記事でケイト・ブッシュのカバーを取り上げたけど、そんな風に彼女をリスペクトするミュージシャンは結構多いらしい。
彼女の音楽は非常にイギリス的というか、ケルト的なファンタジーの色を帯びていて、現代的に洗練されてしまうことに抵抗しているような気がする。
ロックをベースにはしているけど、ストリングスやパーカッション、コーラスを多用して作られるノンジャンルな魅力がある。

曲目
1.The Sensual World
2.Love And Anger
3.The Fog
4.Reaching Out
5.Heads We’re Dancing
6.Deeper Understanding
7.Between A Man And A Woman
8.Never Be Mine
9.Rocket’s Tail
10.This Woman’s Work
11.Walk Straight Down The Middle

ケイト・ブッシュを初めて聴くなら、「Sensual World」の以外にはベスト盤の「Whole Story」か、3rdアルバム「Never For Ever」がオススメ。

関連記事
Never For Ever/Kate Bush
Sleeping With Ghosts(Limited Edition)/PLACEBO

Amazon.co.jpのレビューも参考にしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です