DEEP RIVER/宇多田ヒカル(国宝級)

80年代、90年代と邦楽をわずかしか聴かずにスルーしてきた自分を、邦楽へ回帰させたのは宇多田ヒカルである。
自分が宇多田ヒカルの曲を「良い」と思ったときには、既に最後のオリジナルアルバム「HEART STATION」が発売された後だった。
何をするともなく、ふと「First Love」のメロディーが記憶の中から浮かび上がり、歌詞を部分的に思い出して「いい歌じゃんか」と思って、その頃書いていたmixiの日記のネタにしたのがキッカケだった。
それからすぐ1stアルバム「First Love」を手に入れ、中古CDショップに足を運ぶ都度にアルバムを買い足して、概ね揃えてしまった。
それ以来、宇多田ヒカルの作品群は自分とって邦楽を聴く上でのリファレンスとなっている。それはどういうことかと言うと、あるアーティストのアルバムを手に入れたときに、通勤バスの中でそのアルバムを聴くか、それとも宇多田ヒカルを聴くか考えるのである。
宇多田ヒカルを選ばずに、そのアーティストのアルバムを聴いたからといって別に宇多田ヒカルより上だと認めたことにはならない。ただ、そのときは耳に馴染んだ宇多田ヒカルよりも、そっちの方が新鮮だったというだけでも選ぶ理由にはなる。
かと言って、作詞・作曲家として、あるいはボーカリストとして宇多田ヒカルが最高だとも思っていない。自分にとって宇多田ヒカルは「他に聴くべきものがないなら宇多田を聴こう」みたいな意味で「原点」なのである。そして年に1度か2度は、宇多田ヒカルのアルバムをリピート聴きする季節が来る。
いつかそのリファレンスも他のアーティストで置き換えられてしまうかもしれないけれど、それはそれでよい。

宇多田ヒカルのアルバムを1枚選ぶとしたら「DEEP RIVER」を挙げる。
1stの「First Love」は名曲だし、枚数も売れた。でも、その頃の作品群は少しギザギザしているように感じる。「DEEP RIVER」はそういう角が取れて、丸く粒の揃った作品が並んだ宝石箱のような気がするから。
個別の曲では「SAKURAドロップス」も「traveling」も大好きだけど、一番好きなのは「Letters」。
「恋しい」とも「愛してる」とも「寂しい」とも「切ない」とも言わずに、でもそれらを表現し切る作詞のセンスには脱帽するしかない。
スガシカオによる「夜空ノムコウ」の歌詞も大好きだが、教科書に載せるなら「letters」の方が日本語として100倍くらい素晴らしいと思う。一部英詞もあるけど。

曲目
1. SAKURAドロップス
2. traveling
3. 幸せになろう
4. Deep River
5. Letters
6. プレイ・ボール
7. 東京NIGHTS
8. A.S.A.P.
9. 嘘みたいなI Love You
10. FINAL DISTANCE
11. Bridge (Interlude)
12. 光

そういうわけで、このアルバムは国宝級。
「First Love」から聴くのも良いけど、後期の「Ultra Blue」、「Heart Station」も超オススメ。

関連記事
First Love/宇多田ヒカル
The Collection/Ne-YO
Exodus/Utada

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です