Let Me Introduce You/Joe Robinson

ジョー・ロビンソンはオーストラリア出身のギタリスト。
最初のソロ・アルバムを制作したのは15歳という「早熟な天才」の一人。
自分はYouTubeで知ったが、この人はライブでもCDと同じようにギターを弾きながら歌う。そのギターが歌いながらでも上手い。
これがギターソロになったときの無敵感と言ったら、もうギター界のターミネーターと呼んでもいいかも。
でもアルバム全体はそれほどテクニック重視ではなく、ソフトなボーカルも適度に配してすごく耳障りのよいポップ系フュージョンといった趣きなので、寛ぐときに聴く1枚としてオススメできる。

曲目
1. Lethal Injection
2. Skyline
3. Hurricane
4. Out Alive
5. Adelaide
6. Into The Blue
7. One Heart At A Time
8. Emily
9. The Gremlin
10. Barely Hangin On
11. Keep It Together
12. Uli’s Jump
13. Questions

彼のギター演奏は動画でも見応えがあるのでYouTubeのリンクを貼っておこう。自分は特に3つ目の「Borsalino」が好き。

Joe Robinson – Out Alive

Joe Robinson – Lethal Injection

Joe Robinson – Borsalino

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です