farewells/川村結花

Amazon.co.jpのレビューも参考にしよう。

2001年の5thアルバム。
ずっと前にどっかのブログでオススメされていたので聴いてみたのだが、完成度が高いのでビックリ。歌ウマのシンガーソングライターで、セルフプロデュースでこんなアルバム作れるなら無敵じゃん。
1曲目の「星になるまで」を皮切りに、名曲のオンパレードだし。
しかし、彼女の名前を知る人はあまりに少ない。たぶん音楽業界の人間しか知らないのではないのだろうか。ここ数年、音楽の話をする相手には必ず川村結花のことを話してみるのだが知ってた人はまだいない。
こういうのも音楽業界の歪みのひとつだな。

曲目
1. Overture
2. 星になるまで
3. うたかた
4. 知らないままじゃなくてよかった
5. ランプ
6. 虹
7. ファンタジー
8. 救急箱
9. ココロのフタ
10. Moonlight magic
11. コイシイヒト
12. Festa
13. SLOW TRAIN

ところでwikipediaでは「入手困難」とされていた東芝EMI時代の2枚のアルバム「ちょっと計算して泣いた」「とりあえず朝は来る」はAmazonデジタルミュージックでお買い得価格でダウンロード可能になっているよ。
今「ちょっと計算して泣いた」を聴いている最中。才能が爆発してる。良い。
CDでは流通しづらい過去の音源が売り物になるってのはデジタルならでは。

関連記事
Maiden Voyage/Salyu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です