Minutes to Midnight/LINKIN PARK

かれこれ20年近いキャリアを持つアメリカのバンドだが、自分が名前を知ったのは15年ほど前で、長いこと「名前は知っているが聴いたことはないバンド」のひとつだった。
数年前にYoutubeで動画を観てボーカルのチェスターがあまりに格好良かったので、当時出たばかりだったこのアルバムを買った。
メタルをベースにしたロックにラップが乗るスタイル(ラップメタルと呼ぶらしい)が目新しかったが、すごく(メタルにしては)聴きやすくてすぐ好きになった。
ギターは轟音系だし、ボーカルも派手にシャウトするが全体的に抑制が効いている感じがする。醒めた音作りというか、音量のバランスがよい。
メタルはちょっと、という人には不向きかもしれないが、ロックが好きな人なら大抵は受け入れられるような気がする。

曲目
1. Wake
2. Given Up
3. Leave Out All The Rest
4. Bleed It Out
5. Shadow Of The Day
6. What I’ve Done
7. Hands Held High
8. No More Sorrow
9. Valentine’s Day
10. In Between
11. In Pieces
12. The Little Things Give You Away

他にオススメは1000万枚売れた1st「Hybrid Theory」、本作へ続く2ndの「Meteora」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です