ODYSSEY/平原綾香

2004年発売の1stアルバム。言わずと知れた代表曲「Jupiter」が収録されている。
「Jupitar」は、昼時にマクドナルドでゼロコーラ片手にハンバーガーをパクついている自分の耳に突然飛び込んできた。
メロディーを聴いてすぐ「木星」と気付き、思わず内心で叫んでいた。「卑怯クセ~!」
G.ホルスト作曲の組曲「惑星」の中でもハイライトに位置づけられる「木星」という曲は、とにかくメロディーが良い。
自分もクラシックを齧り聴きしていた頃は「木星」を何度も聴いたものである。
そのメロディーを持ってきて、クラシックの素養のある平原綾香という新人が歌ったわけである。
アレンジも歌声ももちろん悪くないが、このメロディーはやはり反則技というか必殺技というか、破壊力抜群。
ちょっと残念だったのは、歌詞が「言葉に頼り過ぎている」感があったことかなあ。好みの問題でもあるし、何がどう、というのを説明するのもちょっと自分には難しい。
その点、同じ2004年発売(デビュー早々、年に2枚もアルバムを発表したとは恐るべし平原綾香)のアルバム「The Voice」に収録の「The Voice -“Jupiter” English Version-」の方が自分としては素直に楽しめた。何しろ英語音痴だから言葉に捉われずに済むので。
オリジナルの歌詞が大好きで、あの言葉に力付けられた人もきっと多いとは思うので、あくまで個人の好みなのだけど。
それに宇多田ヒカル以降、R&Bやヒップホップという味付けで大量生産された女性ボーカリスト達と一線を引き、クラシックや懐メロを根っこにした作品を発表し続けている揺らぎない音楽性はとても好きだ。

曲目
1. 明日
2. empty space
3. Precious Time
4. Re:PEPPER
5. あなたの腕の中で
6. Get busy -Instrumental-
7. 蘇州夜曲
8. Any more
9. Skool for AH
10. Brand-new Day
11. mama
12. Pure Blue -Instrumental-
13. Jupiter

というわけで、オススメのアルバムは「ODDYSSEY」と「The Voice」の2枚。
加えてホルストの組曲「惑星」も1枚。冨田勲のシンセサイザーによる多重録音のこのアルバムは電子音楽史に金字塔を打ち立てた名作。ああ懐かしや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です