VOCALESE/THE MANHATTAN TRANSFER

自分が音楽を一番良く聴いた70~80年代はボーカル4人組と言えばTHE MANHATTAN TRANSFERかサーカスかハイファイセットかABBAか・・・結構あるな。とにかくTHE MANHATTAN TRANSFERはその第一人者的存在だった。
ジャズのグループというイメージが強いのはおそらくこのアルバム「VOCALESE」がヒットしたせいだと思うのだけど、彼らは実際にはノンジャンルと言えるくらいいろいろとチャレンジしていた。
このアルバムに入っている「Another Night In Tunisia」は、PENTATONIXでボーカル・グループに興味を持った人たちには是非聴いて欲しい名曲なんだけど、ジャズを聴き慣れない人にはちょっと辛いかも。

曲目
1. That’s Killer Joe
2. Rambo
3. Airegin
4. To You
5. (You Should) Meet Benny Bailey
6. Another Night In Tunisia
7. Ray’s Rockhouse
8. Blee Blop Blues
9. Oh Yes, I Remember Clifford
10. Sing Joy Spring
11. Move

ジャズっぽくないアルバムのオススメはラテン風味の「Brazil」。
あと、アーティストは別なのだがボーカル・グループのアルバムということで「IN TUNE」というアルバムをオススメ。アーティストはThe Oscar Peterson Trio & The Singars Unlimited。ピアノはもちろん御大Oscar Petersonなのだけど、このアルバムを自分が気に入っているのはトラック1が超ゴキゲンな曲だから。誰でも知っている名曲。

関連記事
Brazil/The Manhattan Transfer
PTX Vols.1&2(ジャパン・エディション)/PENTATONIX

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です